車中泊で旅に出よう
2011 8月 穂高連峰トレック presented by 深紫乃玲院
Part1 | Part2

home | bottom

08/10 : 自宅−中央道−松本IC−沢渡第2駐車場(泊)
08/11 : 沢渡−上高地−横尾−涸沢−涸沢小屋(泊)
08/12 : 涸沢小屋−北穂高岳(3106m)−涸沢岳(3110m)−穂高岳山荘(泊)
08/13 : 穂高岳山荘−奥穂高岳(3190m)−前穂高岳(3090m)−岳沢−上高地−沢渡−湯の華銭湯瑞祥松本店(温泉)−帰宅

夜中の強風で何故か眠りが浅く、とりあえず4時前に起きだして、涸沢岳までご来光ツアーへ。

8月13日の動画



槍ヶ岳側は、ガスが巻いている
まだ夜明け前


雲の所為で、ご来光は、これで終わり(ガックリ)


ガスが北穂を越えていく


山の影にブロッケン現象



涸沢越しに常念山脈
前穂と奥穂、手前は穂高岳山荘


雄大で神秘的な景観に、ただただ息をのむ



ブロッケン
北穂



朝食
夕方から雨らしい



食堂
穂高岳山荘を発つ



雷鳥がお迎え
ジャンダルム


奥穂高山頂から涸沢岳と北穂高・奥は槍ヶ岳



前穂高
明神岳



霞沢岳・乗鞍岳・焼岳、下は上高地
ジャンダルム



笠ヶ岳
槍ヶ岳遠望



奥穂山頂名物の2mケルンの祠
吊尾根を下る

速攻でガスが巻いてきた。早過ぎないかい?



涸沢
前穂高



前穂高
前穂高山頂直下



前穂高山頂・ガスで何も見えない
紀美子平



ループ状の岩
紀美子平の道標



急峻な下りが続く
イワギキョウ



明神岳がせり上がる
上高地は、はるか下



雷鳥広場
西穂高・間ノ岳・天狗の頭


岳沢の大岩壁

ここで休憩している間でも、奥穂−西穂縦走路方面から、落石の音が不気味に響いてくる。



岳沢パノラマ・はるか下に岳沢小屋
カモシカの立場

とにかく、ひたすらひたすら下る。 カモシカの立場を過ぎて、すでに14時頃だったが、登ってくるカップルとすれ違う。 女性の方は、直立する岩を乗り越えるのに苦労してたようだが、稜線まで、あまりに遠くないかい? 男性の方はテントを持っているようで、準備は万端なのだろうと思い、挨拶しただけで通り過ぎた。 上の子は、しっかり突っ込んでいたようで、その回答は「無謀だったかもね、、、」とのこと。 やはり女性は心もとなく、男性は息切れ状態だったとか。 果たして、明るいうちに穂高岳山荘までたどり着けたのだろうか?



クルマユリ
やっとたどり着いた、岳沢のテント場



岳沢小屋から吊尾根
六百山と霞沢岳



天然クーラー 風穴
岳沢の登山口



上高地まで、まだ少しばかり歩く
六百山

午後の上高地は、やはり観光客が目立つ。 盆休み期間であり、沢渡へのタクシー待ち大行列を覚悟したが、待たずに乗れた。 上高地への交通便については「東京電力の貢献」が大きいそうだが、それはそれとして、 とにかく温泉だ。沢渡で入りたい気もしたが足湯で済ませて、松本IC付近の「湯の華銭湯瑞祥松本店」へ。 ツタヤやエイデンのあるエリアと駐車場が共用で、ごった返していたな。 温泉は食事も出来るし、まずまずだった。 もともとは、どこか標高の高い所に上がって車中泊するつもりだったが、疲れていたし、翌日はお盆渋滞が予想されていたので帰宅した。

BACK | HEADER | NEXT


EXIT
Ads by Sitemix